作り置きと下処理(181113)

作り置きと下処理(181113)

作り置きと下処理。

こんにゃくのピリ辛煮
かなりひさしぶり?のこんにゃくのピリ辛煮。
前は常に作り置きしていたけど、なんだか飽きてしまって…(;’∀’)。
こんにゃくをもらったので、作ってみました。
大きいこんにゃくだったので、ピリ辛煮とおでん風煮の2種類で味付け。

こんにゃくのピリ辛煮

魚河岸揚げとこんにゃくのおでん風煮
おでんの味付けで煮ておきました。

魚河岸揚げとこんにゃくのおでん風煮

ブロッコリー
電子レンジで加熱しただけ。

ブロッコリー

小松菜ボイル
生のままで保存しておくより、ボイルしておいた方が使いやすいので。

小松菜ボイル

スライス紫玉ねぎ
水にさらさずスライスしてそのまま保存。
スライサー(ベンリナー)でスライスしてます。
スライスしてすぐは辛みがあるけど、時間が経つと辛みは気にならなくなります。
玉ねぎの香りと辛みの成分は、硫化アリルで、血液をサラサラにする効果が期待できます。
硫化アリルは水にさらすと溶けだしてしまうので、水にさらさずに食べるのが◎。
スライスして15分ほど空気にさらすと、血液サラサラ効果もアップするそうです。

スライス紫玉ねぎ

この日は、あっという間に食べきってしまう量しか作り置き、下処理できなかったです…。

作り置きと下処理(181113)

※作り置き・下処理をした日と、記事をアップしている日は違う日です。

ブログランキングに参加しています。
応援していただけるとうれしいです(^^♪。
にほんブログ村 料理ブログ 糖尿病食へ にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

作り置き

Posted by わか