カットしたバターをそのまま保存できる、カットできちゃうバターケース

カットできちゃうバターケース

今まで買ってきたバターは、料理をする時に使いやすいよう包丁でカットし保存していたけど、切る時にいつもベタベタして面倒だなぁ…と思っていました。
そのままバターを保管しておいてもいいけど、やっぱりカットしてある方が使いやすい…。

以前からカットできるバターケースがあるのは知っていたけど、時々使うだけで買うのはもったいないなと…安くはないですしね。
でも、今回思い切って買ってみました!

カットしたバターをそのまま保存!カットできちゃうバターケース
蓋つき保存ケース、ワイヤープレート、ピッキングバターナイフのセット。
蓋はシール容器になっているので、ピタッと閉まります。

カットできちゃうバターケース、ピッキングバターナイフ

カットできちゃうバターケースの使い方は、冷蔵庫から出して少しやわらかくしたバター(放置時間は30分~60分、気温により違う)を、ワイヤープレートに置いて、フタで押してカットし、蓋をしてそのまま冷蔵庫で保管ができるというもの。

バターの種類別一切れの重さの目安は、200gの場合は約5g、150gの場合は約3.7gになります。

カットできちゃうバターケースでカットしたバターの1切れの重さ目安

では、さっそくバターをカットしてみます。
ワイヤープレートを容器にセットし…。

カットできちゃうバターケース、ワイヤープレート

冷蔵庫から少し出しておいたバターをのせて…

カットできちゃうバターケース、ワイヤープレートにバターをのせる

蓋でギューッと押してカット。
この時、蓋にバターが付いてしまうのがイヤだったので、バターの上にラップをのせてカットしました。

カットできちゃうバターケース、ワイヤープレートにバターをのせてフタで押す

きれいにバターがカットできました!
ちょっと両端のバターがコロンと違う向きになってしまったけど…。

バターがカットできました!

今回は150gのバターだったので、一切れ約3.7gです。

バターがカットできました!

最初にもお話したけど、蓋がシール容器になっているので、ピタッとしまります。
バターの箱の賞味期限の表示を切り取って蓋に貼って、冷蔵庫で保存。

カットできちゃうバターケース、カットしたバターはそのまま保存

バターは時々しか使わないけど「カットできちゃうバターケースPremium」は買ってよかったなと思えるキッチン雑貨。
もう包丁でベタベタしながらバターをカットしなくてもいいなんて、ちょっとうれしいな(^^)。

ちなみに、カットできちゃうバターケースは「Premium」と付かない製品もあります。
私が購入した製品の前の製品で「Premium」と付かない製品は蓋がピタッと閉まらないみたいです(軽くのせるだけみたいな感じ?)。
それと「Premium」は、ワイヤープレートの強度?が増したのと、ピッキングバターナイフが付いているってところも違うみたいですね。

栗原はるみさんのキッチンブランドにも同じようなバターケースがあって、それと迷ったけど、今回は「カットできちゃうバターケースPremium」にしました。

カットできるバターケースは、いろいろなメーカーから発売されています。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはん