関節リウマチ治療92日目(体調や症状など、自分メモ)

関節リウマチのコト

関節リウマチ治療92日目(体調や症状など、自分メモ)
※この記事は、自分自身の関節リウマチの症状の記録を残すためにアップしています

関節リウマチと診断され、薬を服用し始めて約3ヶ月が経つ。
この間のリウマチの薬は「ケアラム」。
服用の回数は減ったが「ロキソニン」。
それから毎朝胃薬、最初「ムコスタ」だったが、途中から「タケキャブ」に変更。

最近、朝の手のこわばりがほぼない。
ただ、右手の人差し指はダメ。
マッサージしたり、温めたり、グーパーを繰り返しているうちにある程度まで曲がるようになるけど、なかなか完全には曲がらない。
突き指をして指が曲がらないイメージと言ったら伝わるだろうか?
相変わらずボールペンなどの筆記具を握るのは右手の人差し指が痛くて大変。

布団から出てリビングへ行く時、足の指(甲、足首)が少しこわばっている?感じでちょこちょこ歩きしかできないが、それはほんの一瞬で、意外とすぐ普通に歩けるようになる。

天気のいい日は身体もラク。
膝も一時期よりもラク。
階段はほぼ普通に昇り降りできる。

相変わらず、カーペットの上に直に座ると経つのが大変。
肘(腕)をテーブルについて、その力で立つしかない。
健康な時みたいにスッと立てない。

車移動で、ある程度長い時間助手席に座っていると、目的地に到着した時に足首がうまく動かせず、歩き出しが少し大変。
足が固まってしまっている?感じ。
それもまた朝の寝起き同様、少し歩き出すと普通に歩けるようになる。

味覚異常は多少よくなったか?
その時の状況で、白米も多少は食べられるようになった。
ひさしぶりに回転寿司に行ってみたが、まぁまぁ食べられたかな?
でもやっぱりおいしいと思えない。

最初の頃から比べると、だいぶいい。
整形外科の先生が言っていたように、薬が少しずつ効いてきたのかな?
ただ、健康な頃に比べると動作は鈍い。
これはもう仕方ないのかな。

今思い出せる症状、気になる症状、、、最近はこんな感じ。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはん

HbA1cの数値が落ち着いているので、我が家はゆるゆるの食事制限をしています。
症状、状況は人それぞれ。
考え方、感じ方、味覚なども人それぞれです。
ウチはウチのやり方でこんな感じでゆるくやっていますので。
その点はご了承ください(^^)。

また、私が関節リウマチを発症(2023年11月)してしまい、日々の体調の変化によってまともに食事が作れない時があります。
そんな時はどうしても中食や簡単な食事内容になってしまいます。
体調のいい日(手指の痛みの少ない日)は作るし、症状が落ち着いてくればまたきちんとした食事が作れると思うので、そっと見守っていただけるとうれしいです。