糖尿病だということを無視した食事、2日目

キッチン

糖尿病だということを無視した食事、2日目です。

前日に続き、作りたくない、作れない。
そんな1日のはじまりでした。

朝ごはんは、ぶっかけうどん。
たまごの黄身のせ。

朝ごはんとお昼ごはんの間にお菓子。
朝、うどんだけだったので空腹に負けてお菓子…(;’∀’)。

お昼ごはんは、鮭フレークときゅうりの混ぜごはん。
簡単に食べられるものはないか考え、冷凍ごはんを解凍し、塩もみをしたきゅうりと鮭フレーク、白ごまを混ぜたごはんにしました。
プラス、カクテキ。

夕方…
ちょこっと外出。
お昼も簡単だったため、午後もおなかがすき…
途中コンビニでスイーツとカフェオレなど食べました…。

車の中で、再度いろいろと話し…。
食事制限の食事作りを辞めてもいいと言っていた主人が、こんな食事になって不安になってきたと…俺の命、大丈夫なんだろうか?って。
今までの食事のこと、毎日、毎回、本当に感謝しているんだと。
いろいろ話を聞いていて、少しかわいそうになってきた…。

そして夜ごはん…
冷蔵庫にある野菜をいろいろと使って、野菜たくさんのおかずを作り、ほぼいつも通りの食事にしました。
すると主人…うれしそうな顔、ホッとしたような顔をしていました。
口には出さなかったけど、ありがとうって言っていたようなそんな感じです。

たいしたものではなかったけど、おいしい、おいしいって。

何となく気持ちも落ち着いたので、また食事制限で食事作り、できそうです…多分。