生わかめ下ごしらえ(2022年2月6日)

生わかめ下ごしらえ

生わかめ下ごしらえ

今回は鳴門産の生わかめ、茎付き。

わかめはかためよりやわらかめが好き。
塩を洗い流し、熱湯に近い温度のお湯でしばらく漬け込み。

下ごしらえ(2022年2月6日)

好みのかたさになったところでお水で流して適当な長さにカット。
この時、茎だけ分けておきました。
小鉢に入っている方が茎部分。

生わかめ下ごしらえ

今回の鳴門産の生わかめはやわらかくておいしいです。
どこのお店で買ったか、どこの産地のものなのか忘れてしまったけど、たまに熱湯でもどしてもかたくておいしくないわかめもあるんですよね。

そう言えば、以前ネットショップで乾燥カットわかめを買ったことがあって、それがカスみたいなわかめで、お湯でもどしてもおいしくなかったことがありました。

それ以来わかめをネットで買うことはなかったんだけど、昨日ひさしぶりにネットショップで注文してみました~。
鳴門産の乾燥カットわかめ。
安かったし、レビューもまぁまぁだったので。

前回の病院の診察日以降、毎日わかめを食べよう!って思ったけどなかなか(^^;)。
たくさんストックがあればまた気持ちも違うかなって(笑)。
食べようと思えるかなーってね(笑)。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはん

HbA1cの数値が落ち着いているので、我が家はゆるゆるの食事制限をしています。
症状、状況は人それぞれ。
考え方、感じ方、味覚なども人それぞれです。
ウチはウチのやり方でこんな感じでゆるくやっていますので。
その点はご了承ください(^^)。

また、私が関節リウマチを発症(2023年11月)してしまい、日々の体調の変化によってまともに食事が作れない時があります。
そんな時はどうしても中食や簡単な食事内容になってしまいます。
体調のいい日(手指の痛みの少ない日)は作るし、症状が落ち着いてくればまたきちんとした食事が作れると思うので、そっと見守っていただけるとうれしいです。