たまごかけごはんメインの献立|心がざわつく…(+_+)

たまごかけごはんメインの献立

たまごかけごはんメインの献立です。

ごはん
生たまご
大根葉のふりかけ
野菜サラダ
トマトの酢玉ねぎのせ
卯の花
ブロッコリー
しょうが漬け
味噌汁
※食前にまいたけ煮(食事の30分前くらい)

(2019年3月22日の朝ごはん)
※献立の日付と、記事をアップしている日は違う日です。

心がざわつく…(+_+)

食事制限と全く関係ない話…
自分のこころ、気持ちがちょっと落ち着かないので、文字にしてみます(;’∀’)。

昨夜の出来事…
主人の携帯に知らない番号から電話。
いつもだったら登録していない番号には出ないんだけど、私の何気ない言葉「出てみたら?」で、主人が出てみた。

電話に出てからしばらくして、主人が話している内容から誰なのかわかった。
そして、私の心がざわつき始めたの…(+_+)。

昔の知り合い。
もうずいぶん前に街でバッタリ会ったのを最後に、交流もまったくなし。
電話番号が変わったからかけてみたと。
たいした用事ではない。

ココに引っ越してきたことさえ知らない相手。
前の所にはもう住んでいなくて、●●方面に住んでいると、主人は話している。
相手がもっと詳しく場所を聞いてきたみたいで、●●方面としか言えない、詳しくは言えないと主人が答えている。

ココからは私の憶測…。
多分ね、電話の相手に××たちとは交流があるのか?と聞かれたと思う。
主人は、ないない…誰とも付き合いはないと。
●●方面に住んでいるということも誰にも言わないでくれと、何度も念押し。
くどいほど言っていた。

そう、私の心がざわついた理由は××たち…。
××たちが曲者というか、昔いろいろあってね、私はたくさん泣いた。
ホント私の中では許せない人たちなの。
今回電話をかけてきた人とも××たちはつながりがあって、今回のことをきっかけに××たちにも我が家が●●方面に住んでいるということを知られてしまい、連絡してくるんじゃないかと。
それを警戒して、●●方面に住んでいるということも誰にも言わないでくれと、何度も念押しをしていたんだと思うけど。
私が××たちのことを相当嫌っていることは主人もわかっているしね。

電話を切ったあと、主人に言った。
もし今後、××たちとどんな些細なことでも連絡をとったら、すべて終わり…。
すべてを裏切ることになるからねって。
主人もどういうことなのか、私の気持ちも含めてわかったと言ってくれたけど。
その言葉、信じるしかないよね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
変な話でごめんなさい…。

また次の記事からいつも通り…(^^)/