トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)の献立(2020年1月5日の昼ごはん)

トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)の献立

トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)の献立です。

トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)
コールスローサラダ

トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)
前からやってみたかった、蒟蒻効果を水漬けパスタにして、調理する方法。

トマト缶をベースに、玉ねぎやベーコン、ウインナー、香辛料を使ってトマトソースを作り、蒟蒻効果に絡めて、手作りカッテージチーズをのせました。
手作りカッテージは、牛乳の大量消費ができるので、賞味期限がそろそろの牛乳がある時に我が家ではよく作ります。
以前アップした記事→牛乳と酢で作るカッテージチーズレシピ

トマトパスタ(蒟蒻効果で水漬けパスタ)

蒟蒻効果
カロリー1/4カット、糖質1/4カット、1/2日分の食物繊維りのパスタ。
普通においしいですよ。

蒟蒻効果

蒟蒻効果で水漬けパスタ
大きい保存容器がなかったので、蒟蒻効果を半分に折って水漬けパスタにしてみました。
実は、2時間くらいで使おうと思ったんだけど、ちょっと外出してしまい、そのまま出先でランチをしたので、この水漬けパスタを使ったのは翌日。
蒟蒻効果を水漬けにして、8時間後に水からあげてボイルし、水にさらしてザルにあげて一晩冷蔵庫で保存しました。
翌日に電子レンジで少し温めてから、トマトソースに絡めました。

こんにゃく入り(グルコマンナン入り)だからか?水漬けにしてもモチモチ感が出たわけでもなく、また、長時間水漬けにして、ボイルも食べる前日にしても、こしはあったような?
普段普通に茹でて食べる「蒟蒻効果」と変わらなかったと思います。

ただ一つだけ違ったのは…ボイルの時間が3分ほどでOKだったこと。
乾麺のままだと12分ボイルの蒟蒻効果だけど、水漬けパスタにしたことで3分で茹で上がりましたよー(*^^*)。
これは時短になっていいなー。

蒟蒻効果で水漬けパスタ

(2020年1月5日の昼ごはん)
※献立の日付と、記事をアップしている日は違う日です。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします(^^♪。
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村